2016年10月28日金曜日

コミックランキング(2016年10月31日付)

【週間ランキング】

「オリコンスタイル」週間コミックランキングより
 ※2016年10月31日付(2016年10月17日~2016年10月23日)

1位:キングダム 44
 推定売上部数:421,947部
2位:七つの大罪 23
 推定売上部数:324,821部
3位:ダイヤのA actⅡ 5
 推定売上部数:177,162部
4位:聖☆おにいさん 13
 推定売上部数:135,408部
5位:だがしかし 6
 推定売上部数:111,756部
6位:きのう何食べた? 12
 推定売上部数:105,476部
7位:ちはやふる 33
 推定売上部数:101,098部
8位:DAYS 19
 推定売上部数:94,670部
9位:GIANT KILLING 42
 推定売上部数:92,767部
10位:神さまの言うとおり 弐 19
 推定売上部数:68,046部
11位:ましろのおと 16
 推定売上部数:64,253部
12位:ハイキュー!! 23
 推定売上部数:59,440部
13位:炎炎ノ消防隊 5
 推定売上部数:58,645部
14位:双亡亭壊すべし 2
 推定売上部数:53,182部
15位:亜人 9
 推定売上部数:44,836部
16位:DEAR BOYS OVER TIME 2
 推定売上部数:42,416部
17位:龍帥の翼 史記・留侯世家異伝 2
 推定売上部数:41,961部
18位:夏目友人帳 21
 推定売上部数:41,462部
19位:3×3EYES 幻獣の森の遭難者 4
 推定売上部数:41,060部
20位:バイオーグ・トリニティ 10
 推定売上部数:40,958部


【ランキング総評】

講談社コミックスの発売週なので、『七つの大罪』をはじめ、数多くの講談社作品がランクイン。しかし、それらを抑えて首位に立ったのは、集英社の『キングダム』だった。2015年5月28日にテレビ朝日「アメトーーク!」で「なぜハマる?キングダム芸人」の特集をやって以来、爆発的に売り上げを伸ばしたのは記憶にあたらしいところ(詳細はこちらのサイト「ほんのひきだし」を参照のこと)。刊行巻数が44巻になっても、初週で40万部を超えるのだから、もはやその人気は不動のものと言える。テレビの凋落が叫ばれて久しいが、まだまだ「モノを売るならテレビである。
なお、講談社のサッカーマンガが2作そろってランクインしている点にも注目。7月からアニメ化され、10月からは第2クールが始まった『DAYS』が、推定販売部数ではわずかに上回っている。しかし、『DAYS』が10月17日発売であるのに対し、『GIANT KILLING』は10月21日発売でほぼ同数であるため、まだまだ『GIANT KILLING』のほうに一日の長があるといったところ。

【Pick up Review】

14位:双亡亭壊すべし 2
藤田和日郎のネームバリューからすれば、手放しで喜べる順位ではないはず。ベテランの非続編のオリジナル作が、まだ2巻という早い段階で見切られてしまうと、業界的にもいろいろと影響が出そう。もう少しまとまってから読みたい、という心理も働いているのでは?

双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)
藤田 和日郎
小学館 (2016-10-18)
売り上げランキング: 264

0 件のコメント:

コメントを投稿