2016年1月17日日曜日

『ハクメイとミコチ』4巻

『ハクメイとミコチ』(樫木祐人)4巻読む。
相変わらず圧倒的な絵柄のかわいらしさと、独特な世界観。
なにかが思わせぶりというか、温存されているような感覚をページをめくるたびに少しずつ蓄積していって、ラストにさらりと流すテンション……ってどう言えばいいんだろう。
うまく先へ、先へと誘導される。
けど、読み返すと描き込みの量の多さに、いろいろと見つけ出す。自分のつけた足跡に、きっちり足を合わせながら戻っていくような読み返し方。
知らない世界を探索していくマンガには、合っているんだろうなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿