2016年1月16日土曜日

1月14日立川流夜寄席「てっぱん」の感想

1月14日。上野広小路亭での立川流夜寄席
「子ほめ」 立川らくみん(開口一番)
「蝦蟇の油」 立川寸志
「真田小僧」 立川こはる
「権兵衛狸」 立川談吉
「元犬」 立川笑二
「時そば」 立川志ら乃(主任)

主任の志ら乃さんによる企画「てっぱん」の日。
演者全員が、それぞれ鉄板ネタと信じるマクラと演目を、事前にネタ出しする会。
マクラまでネタ出しするのは異例。

いま関東近郊では、月に700以上もの落語会が開催されている。
どれだけ活きのいい若手がいても、正直、追いきれないのだ。
だから、個人によるキュレーションが介在すると、客としてはとても助かる。

寄席以外の落語会では、会のコンセプトを打ち出すことで、注目を集めようとする。
つまりは「キュレーションの可視化」を試みるんだけど、どうもピンとくるものがない。
いろいろと会の名前を工夫したり、趣向を凝らしたりするんだけど、それはわりと演者や主催者都合のものが多いんですよね。
たとえば「○○な噺を聞く会」とか「新作の会」とか「ネタおろしの会」とか。
それは特定の演者を年単位で追いかけるファンにはうれしいんだけど、「知らない落語家」を聞きに行くモチーブとしては弱いし、なにより落語初心者にはツライ。
また、その演者のファンであっても、会のコンセプトが自分の好みとマッチしなければ、「行かない」という選択肢も出てくる。

あるいは複数の落語家が出る会では、賞レースもある。
これは完全に品評会なので、やはり落語初心者にはツライ。
そして落語ファンにしても、自分の批評眼を試されるようで、あんまり気楽には足を運べない。気合を入れて観に行く気概がないと、脚が重くなってしまう。

今回の「てっぱん」は、客本位型の企画である点が素晴らしい。
得意ネタをかけるので、多少うまくいかなかったとしても作りこんだネタなんだから、ある程度は楽しめるだろうという品質の最低保証がある。
それが客に伝わったからこそ、満員札止めだったんだと思う。
「自分の知らない若手が、得意ネタをかけますよ」と。これは客からしたら心強い。

それでいて「若手研鑽会」とか「研究会」的なノリにならなかったのは、これはひとえに志ら乃さんのセンスだと思う。事前のチラシでも会のコンセプトを明確に打ち出していたし、開演前の前口上で「得意ネタを披露しますので楽しんでください」とアピールしたことで、一気に場がほぐれた。
そのおかげで、品評会的な雰囲気にならず、「笑いに来た」ムードが維持された。

この「品質の最低保証」と「非・品評会」の性質がマッチしたことで、「ショウケース」としての機能が生まれた点は見逃せない。
いうなれば、東京ゲームショーとか、静岡ホビーショーのような楽しみ方だ。
いまや立川流といっても、「志の輔一門会」や「志らく一門会」といったように師匠単位で独立性を強めており、家元存命時の「立川談志一門会」の性質は感じられない。その状態でありながら、「立川流の若手を見る」会を成立させたことは、実はかなり意義深いことではないかと思う。


演者全員が「自分から『鉄板』と言って高座に上がるのはハードルが高い」と口々に言っていた点も興味深い。そうやって焦っ時に出てくるのが師匠の芸、というところがたまらなく楽しい。
完全に自分の芸で通したのは志ら乃さん。さすがは真打ち、といったところ。
全員、笑いどころも多くて、それぞれの工夫もあり、そして会としてのまとまりもあり。


最近は、どうも自分は、会としての満足度を求めているようだ。
演者個人の出来・不出来や、噺の出来・不出来は、割と二の次だったりする。
会全体をトータルで見終って、「いい会だったなぁ」と楽しめることを最優先事項にしている。その観点で言えば、今回のてっぱん」は、間違いなく「いい会だった」。
今回は顔付けも自分好みだったけど、メンバーを固定せずに、定期的に開催してほしい会だと思う。


※写真は数年前のもの

0 件のコメント:

コメントを投稿