2014年1月22日水曜日

信長の野望 創造

『信長の野望 創造』


昨年12月に発売された『信長の野望』シリーズの最新作。

今作の大きな特徴として、
兵士が拠点に帰属している点。
たとえば、清洲城から出陣した兵は、
稲葉山城に入城できない。
そのため、以前のタイトルのように、
「十三港に100万の兵が結集!」みたいな
どこで野営してんだよ状態は起こりえない。

そして拠点の兵数は
常備兵(開発で上昇)+民兵(人口に比例)なので
必然的に人口の多い国ほど
多くの兵を動員できるようになる。

当時の寄親・寄子制を考えれば、
至極まっとうなシステムといえる。

そのため、ウン万という兵を動員するには、
複数の城から同一目的地に向かって
同時に出陣させることになる。


なお、歴史イベントやクエスト(戦国伝)が多いので、
それをこなしていると史実に近い展開になる。
これはこれでおもしろいが、
ある程度で見切らないと「おつかいゲー」になるのが難。


0 件のコメント:

コメントを投稿